スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷平瓦

にほんブログ村での私のイメージ画像について
谷平納まり
これは、谷の中に平瓦を施工したものです。
瓦は、淡路の井上瓦産業㈱産(HPリンク貼ってます)56形切落し桟瓦葺きで、谷平瓦には、本葺9寸平瓦を使用してます。

 谷板金出口の納まり
谷板金
谷板金の出口の瓦の下にも板金を入れ万一のことに備える。

 谷平瓦出口の納まり
谷平出口
谷平瓦は、ホルマル被服銅線で野地へ緊結する。
谷平瓦は、谷板金の腐食(リンクブログ”かわらぶき”補修ー谷桶交換2 参照)を防ぎ、谷を美しく仕上げることができる。

 谷平瓦納まり断面図
谷納まり図
*谷を谷平瓦納めとする場合は、谷勾配や谷に集まる水量に十分注意する。
  水量が多い場合は、谷平瓦を2列にする等      2列納めについては後日

スポンサーサイト

本葺谷瓦

以前、谷平瓦で和型(桟瓦)の谷に平瓦を施工した記事を紹介しましたが、今回は、本葺瓦の谷を紹介します。この谷は、かわらぶきの中でも紹介されております。

まず、谷瓦の納まり図です。この図が、谷下地作りや谷筋交を作る時の基準となります。
谷断面図1  谷断面図2

谷底部分が水平になるように、野地板を打ち谷板金を施工してもらいました。
野地に反りがあるため、谷は緩やかにカーブしています。
谷板金1  谷板金2

下屋根には、上屋根の雨水を受けるためと谷部分からの雨水の侵入に備え、谷出口より軒先部分へ捨て板金を施工しました。
谷平1  谷板金3

下屋根捨て板金の上に平瓦を施工し谷出口の加工に入ります。


本葺谷瓦2

谷出口の納まりです。
和型(桟瓦)の出口よりは平瓦の葺き厚が多い分加工は楽です。
加工終了後、2枚をエポキシとホルマル線で固め納めます。
谷平2

谷平は、谷板金に芯墨を出し、2枚の接点が芯墨に合うように両脇を谷板金横の桟木へ緊結しました。
この時、素丸用のホルマル線を出しておきます。
谷平3

谷平の施工が終わると谷筋交の施工に移ります。
谷平4

本葺谷瓦3

本葺谷瓦2で谷平瓦の納まで描きました。
谷平の上に谷筋交を納めます。

さて、谷筋交とは?
谷筋交1
このように、谷の形に合わせて作られた瓦です。

下の図は、谷筋交発注の時に描いた図です。
屋根勾配と、谷の振れ角度を元に描いています。
屋根伏図  谷筋交発注図
谷筋交は、一谷に左右がありA,Bで表わしてます。
この時は、Aが14種、Bが13種で、これが二谷で合計54種類ありました。

谷平の上に、通り墨を出し谷筋交を納めました。
留め付けは、尻2ヶ所をステンレスビスで縦桟木へ緊結してます。
谷筋交2  谷筋交3

つづいて、谷巴の施工へと移ります。

本葺谷瓦4

本葺谷瓦も最終段階で谷巴の納めです。
谷巴瓦も谷筋交と同様に54種類ありました。
全ての谷巴を玉縁より120㎜を基準に谷角度の設定をしました。
谷巴1  谷巴発注図

谷巴の垂れの長さですが、この時は谷巴の垂れ下端が、谷平より5分浮いた状態で納まる長さに設定しました。
谷巴2  谷断面図1
谷巴は、巴の頭の通りを注意して納めます。
緊結は、ホルマル被服銅線1.6㎜で野地へ緊結しました。

本葺谷1  本葺谷2
最後に、谷芯の素丸瓦を納めて終了です。
素丸瓦は、南蛮漆喰を使用せず乾式で納めています。

施工原寸図

原寸図とは、私たちは瓦の納まりを1/1で描かれた図面のことを指しています。

本題の前に、コメントで足袋人さんから エロい!と褒めていただいた?壁際の原寸図があったのでUpしてみました。
コンパネに鉛筆で描いた図面なので見づらいと思いますが・・・
壁熨斗原寸図  壁熨斗納まり
横天熨斗と登り天熨斗の出寸法を合わせる為に努力してます。

さて、本題の原寸図ですが、とある瓦メーカー様からのご要望で、9月3日に講習会の講師をやらせていただくことになりました。
その準備も兼ねまして、原寸図講習会の記事を書いていこうと思います。

とりあえずは、講習内容を大まかに決めて、時間配分と会場で準備するものと、講習を受ける方に持参していただくものの、リストUpから取り掛かる事にしました。

原寸図講習

あつい~
九州北部も梅雨明けしたのは、良いのですが一気に気温が上がり、うだるような暑さとなっております。今日も多少風はあったのですが、運ばれて来る風は熱風でした

さて以前記事に書いた、原寸図講習会ですが、先日主催者様と打ち合わせをさせていただき、今回は下記の図で行うことになりました。

上の図が、描き上げる目的の図で、下の図はこの図を描く為の型紙の図です。

講習課題09-09

型紙は、使用する現物の瓦の必要な部分を型取りしたものです。
型紙と使用する瓦に誤差があると、描き上げた原寸図と実際の瓦の納まりが合わなくなります。
原寸図は、瓦の納まりを把握するために描くのですから、実際の瓦の納まりと同じでなければ意味がありません。
瓦の施工原寸図は、瓦を屋根に納める為の設計図なのです。
そのため、原寸図を描く上で、型紙作りは最も大切な工程のひとつと言えるでしょう。

屋根の勾配2

以前、屋根の勾配について書きましたが、今回は基本となる屋根勾配から求められる勾配についてです。


まず、基本となる屋根勾配を描きます。(01図)
この図は、地の間10に対して束が8となる、8寸勾配で描いています。
勾配図_01  勾配図_02
02図は、隅地の間に対して、束の高さを写した図で、これが隅勾配(隅木の勾配)です。

次に、隅地の間に対し直角に交わる線を引きます(笠勾配の間)。この交点から隅勾配線に対し直角に交わる線を引きます。この線の長さが、笠勾配の間に対する、笠勾配の束の長さとなります。
勾配図_03  勾配図_04
ここに示す角度は、四捨五入しております。


下の図は、振れ隅の隅勾配を求める図です。
振れ隅各勾配

この図は、建物寸法7,163㎜と6,685㎜の場合の軒の長さの違いと、棟方向の違いを示しています。
振れ隅屋根伏図
 振れ隅    真隅

鴟尾

暑い日が続いております。
今日は、リクエストがあり以前見学に訪れた、唐招提寺の写真をUpしました。
鴟尾_01  鴟尾_02


また、昨年見積をした時に描いた図もあったので載せておきます。
鴟尾_03  鴟尾_04

隅部の展開図_1

 展開図(てんかいず)とは、ある1点を基準としてその点から立体を切り開いて一平面に伸ばしたもので、基準となる点の位置は決まっていないのでひとつの立体から様々な形態の展開図を作ることができる。

図_01

 展開図は、立体の細部を示して理解を助ける目的、あるいは、紙、布、板金などの平面素材により立体形状のものをつくるために使用されます。分野によって後者の展開図は型紙とも呼ばれるものもあります。逆に考えれば、展開図から型紙が作れるとゆうことです。

屋根の形状には切妻屋根・寄棟屋根・入母屋屋根があります。
寄棟屋根や入母屋屋根には隅(屋根伏図0C~B)ができ、この部分にできる勾配(隅部の見取図BC)を隅勾配と言い、ACおよびA'Cを垂直に切断したと仮定して斜め上方からみたものを見取図と言い、この隅部の見取図0Cを切り開き平面上に展開したものが展開図です。下記の図は、点0を基点として展開しています。
図_02 図_03 図_04


プロフィール

さすらいの絵描き

Author:さすらいの絵描き
  ~伝統の美と匠の心~                 
古来より守り伝えられた瓦の美と技術を守りつつ、現代の建築技術・工法に適した施工を行い、瓦の美と、秘められた知恵を極限まで追求し、日本の自然・文化と共に生きる伝統を伝えます。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
Ctrlキーを押しながらクリックすると、ストレスが軽減します。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
クリックしてね!
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。