スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根の形状1

屋根は、雨、雪、風や太陽の日射をさえぎる建物上部の覆いであり、構造上、最も狭い意味では屋根葺き仕上げの部分をいい、ついで屋根野地を含める(通常は垂木の上の部分を指す)場合もある。最も広い意味では小屋組まで含めていうことがあります。
私は、屋根が建築物の美しさを構成する主要な部分であると考えます。気候風土、建築物の格式等により種々の屋根の形状があります。一般木造建築の屋根の形状には、切妻屋根、寄棟屋根、入母屋屋根等が代表的なものです。
屋根を形づくる骨組みを小屋または小屋組といい、小屋組に垂木および野地板を取り付け、その上に下葺材を張り瓦が葺かれる。野地板の周辺には、瓦の納まりや屋根の化粧のために広小舞、鼻隠し、破風板等が取り付けられます。

さて今回は屋根の形状の一つ『切妻屋根』についてです。
切妻屋根とは
棟を境に左右に二つの長方形斜面を取り付けた形の屋根であり、この面を平(ひら)といい、この勾配を平(ひら)勾配(こうばい)といいます。棟に直角の壁面を妻(つま)といい、平の妻側を螻羽(けらば)と呼びます。
柱芯より破風板までの部分を傍(そば)軒(のき)といい、流れの先端の部分を軒先(のきさき)といいます。
屋根の名称
左の図は屋根伏図で、右が屋根の部分名称です。

片流れ屋根、招き屋根、越し屋根、腰折れ屋根等も、切妻系の屋根になります。
切妻屋根の形状は単純な形であり、使用する瓦の種類も他の屋根に比べて少なく、雨仕舞いのし易い屋根と言えます。

切妻イメージ  切妻屋根  切妻屋根2


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さすらいの絵描き

Author:さすらいの絵描き
  ~伝統の美と匠の心~                 
古来より守り伝えられた瓦の美と技術を守りつつ、現代の建築技術・工法に適した施工を行い、瓦の美と、秘められた知恵を極限まで追求し、日本の自然・文化と共に生きる伝統を伝えます。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
Ctrlキーを押しながらクリックすると、ストレスが軽減します。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
クリックしてね!
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。