スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根の勾配

屋根の勾配について

屋根面の傾斜の度合いのことをいい、表示方法には尺貫法表示・分数表示・図形表示・百分率表示等があります。

屋根勾配の表示 この図は、図形表示の例

図形表示
屋根の図面の傾斜に合わせた三角形の水平方向に10を、垂直方向に数値を入れ図形にて表示します。
 
分数表示
底辺10に対し立ち上がりの数値を分数で表し、4/10とか5/10と表示します。

尺貫法(メートル法)表示
底辺1尺に対し立ち上がり数値を寸で表し、4寸勾配とか5寸勾配と表示する。なお、メートル法表示では底辺10cmに対し立ち上がり数値をcmで表し、4cm勾配とか5cm勾配と表示します。

百分率表示
底辺を100とし立ち上がり数値を割り、%で表示します。
土木関係用語として用いられることが多いようです。

4.5寸勾配  5寸勾配  5.5寸勾配
    4.5寸勾配         5寸勾配         5.5寸勾配
屋根の勾配を角度で表すと、上図のようになります。これは以前柄振り鬼納まり 其の二でも書いておりますが、作図または計算によって求めることができます。

屋根の流れ方向の長さ(傾斜部分)を計算するときは、ピタゴラスの定理を用います。
ピタゴラスの定理
ピタゴラスの定理 
直角三角形の斜線寸法の2乗は、底辺寸法の2乗と立ち上がり寸法の2乗の和と同じであるという定理で、三平方の定理とも言われます。

流れ寸法=√底辺寸法²+立ち上がり寸法²

AC=√AB²+BC²

このピタゴラスの定理を用いて、建物の設計図面より屋根面積を求めて、瓦工事の見積もりを行います。
中学校で学んだ、ピタゴラスの定理が現在も大活躍です。
また、屋根勾配より隅勾配や隅山勾配(笠勾配)を知ることができ、原寸図を描くのに役立ちます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さすらいの絵描き

Author:さすらいの絵描き
  ~伝統の美と匠の心~                 
古来より守り伝えられた瓦の美と技術を守りつつ、現代の建築技術・工法に適した施工を行い、瓦の美と、秘められた知恵を極限まで追求し、日本の自然・文化と共に生きる伝統を伝えます。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
Ctrlキーを押しながらクリックすると、ストレスが軽減します。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
クリックしてね!
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。